膨らんだ借金について早めに相談を!【任意整理で解決できる可能性】

任意整理で注意すること

弁護士

今後の借入について

消費者金融のカードローンやキャッシングといった借金返済が厳しい状況にある、そういった場合には弁護士に相談をすることです。任意整理での手続きであれば、比較的簡単に借金問題を解決させることができます。弁護士に借金の相談をすると任意整理の方針で解決するのであれば、弁護士が各債権者に受任通知を発送し督促を止め、取引履歴を取り寄せます。過払い金があるかを調査し、過払い金を充当し減額後の借金で和解してもらえるように交渉をしてくれます。交渉が成功し和解となると、減額後の借金を毎月無理のない金額で分割返済をしていきます。返済負担を軽くすることができるのですが、デメリットもあります。相談時に説明を受けることではありませが、信用情報機関に異動情報が登録されてしまいます。いわゆるブラックリストに載るということです。信用情報機関の異動情報は、登録から5年間消えることはないです。その間、お金が必要になりローンを申込みしても審査で過去に債務整理をした事実は判明しますので融資を受けられなくなります。登録期間経過すれば、情報は自動的に削除されますので新たにローン申し込みをすれば借入れできる可能性はあります。しかし、任意整理を行った金融機関は社内で管理する顧客データベースにずっとに残っていますので、別の会社で申し込むことです。任意整理は、ブラックリストに載るくらいで、官報にも掲載されず財産も処分する必要もないです。内緒で手続きしたい方は、安心して相談できます。

Copyright© 2018 膨らんだ借金について早めに相談を!【任意整理で解決できる可能性】 All Rights Reserved.